次はお前が花になるのだという声がした
それから私の望みはただひとつだけになった